fc2ブログ
ADMIN TITLE LIST
メガネを着替える気持ちがさっぱり分かりません。

先日、自慢の2ウィークアキビュー(使い捨てコンタクト)が、

めでたく2年目を迎えたよしたろ(26歳 心配)です。


ウィークっつーぐらいだからね、要は2週間ですよ。

それが2年目(2イヤー)を迎えたこの充実感、

そしてそれを補って余りある不安感。


もうね、いつ何が起こってもおかしくないなとは思ってます。

決死の覚悟で臨む2007年は、ある意味チャレンジの年だなと。


つか思うんだけどさー、

この頃すずめ見なくね?あいつら最近ご無沙汰じゃね?

だってね、よしたろが子どもの頃ときたら、

電柱にはもうすずめ、すずめ、すずめでそりあ大群がいたし、

江戸時代に至ってはね、小林一茶が詠んだみたいに、

「すずめの子 そこのけそこのけ お馬が通る」

つーぐらいに、道一面にすずめがウヨウヨしてたわけ。

足の踏み場すらなかったわけ。ぐちょり。(←踏んだっ?!)


それが最近、忽然と姿を消したこの淋しさ。

すずめ…どこに行ったのかな?もう会えないのかな?とか、

ちょっとした感傷に浸ってたらね、

この前、勢い余ってすずめを食べました。

(すずめの丸焼き)


こんなことなら、もう会わなきゃ良かったな、と思いました。


取りあえず、参考までに食した感想を述べとくとね、

すずめはもはや鳥じゃないな、鳥類を超えたなと思いました。

もうね、想像を絶するくらいの苦さっつーの?

取りあえず、甘辛い味付けが何のフォローにもなってねぇ。

初めて食べ物に泣かされました。…やっぱ、食べ物じゃねぇな。


あ、誤解が無いように言っとくけどね、

食べたっつっても、そこら辺にいるのを捕まえて食べたわけじゃないよ?

いくらよしたろが家のあるルンペンみたいな生物だからってね、

そうそう「すずめ狩り」に出掛けたりはしないからね。


「すずめの子 そこのけそこのけ よしたろ食べる」とかさ、

絶対無いじゃん。雑食通り越して四川?ぐらいの勢いあるわけじゃん。

世間体とかなりふり構ってられない感じの食糧危機とか、

この飽食の時代には似合わないからね。

(It's a ミスマッチ!!)


さすがにそこまでのサバイバルは経験してないから!

たんぱく質はすずめ以外で補ってるから!


いや、つまりね、大学時代の友達なんてのはね、

本当馬鹿じゃねぇの?ってぐらいに、悪ふざけが好きなわけ。

平気で人を川に突き落としたりするしね。

ちょっとした殺人未遂ならお手の物的なノリで。


そんな仲間と久々に飲んだときのメニューに、

本日のオススメは「すずめ」と。


まーね、やいのやいの言いましたよ。

果たしてすずめなんてものが食えるのだろうかと。

じゃあ仮に食えると仮定して、それは美味いのだろうかと。

いやしかし、不味いものをススメるはずは無いだろうと。

そもそもすずめとは、僕らが知っている、

あの「すずめ」なのだろうかと。


何て思ってたらね、姿焼きが出てきました。








…僕らの知ってるすずめでした。



もう、この時ほど「引き」の強さを嘆いた瞬間は無いよね。

言い逃れも出来ないくらいに、当たりくじ。


取りあえず、食したときの感想は上記の通りなんだけど、

あまりのまずさに思わずリンク仲間にメッセしたわけ。

この罰ゲームの苦しさを、ぜひとも知って欲しかったわけ。


(送信メール)

「そう言えば、昨日渋谷ですずめ食べました。

すごく苦くて泣きそうになりました」


したらね、この子ったら…


(受信メール)

「すずめ!?なんで!!?アレですか???

捕まえたんですか!!!?でも…







よしたろさんなら!




…いよいよここまで来たかと思いました。

(よしたろのイメージやいかに?!)


すずめサバイバル生活→人気blogランキングへ


スポンサーサイト




テーマ:思ったことを書いただけ - ジャンル:お笑い

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2024 出会いと別れの絶望論, All rights reserved.