fc2ブログ
ADMIN TITLE LIST
初めて「電車男」という言葉を知った時、

何か怪談めいた類の話だと確信し、頑なに耳を塞いだ結果、

電車男ブーム」に一足も二足も乗り遅れた、

よしたろ(27歳 小心者)です。



乗り遅れると言えばね、この前あたしも乗り遅れました。


あの日のよしたろは、これでもかってぐらいに急いでたわけ。

9回ウラ2アウト、高校球児の全力疾走してたわけ。


「お前、今度の日曜暇?」

「まぁ暇っちゃ暇だけど、何かあんの?」

「新しくチーム作って初の試合があるんだけどさー」

「へー作ったんだ?すげーじゃん」

「丁度お前みたいなプレイヤーが欲しいんだよねー」

「なんつっておめー、本当は人が足りねぇだけだろ?」

「馬鹿っ!人数足りてるって!!バッチリ11人集まってるし!」

「どこがバッチリだよ?!パツパツじゃねぇか!!」

「あ、12人ぐらいだったかなー?」

「ぐらいって何だよ…?やっぱ、人が足りないんだな?」

「…その辺の諸事情は是非とも察して頂きたい」


という会話をしたのが、その日の一週間前。

つーわけで遅刻は絶対に許されない。


にもかかわらず、このおっちょこちょいと来たら、

二度寝に次ぐ二度寝、要は4度寝ぐらいしちゃったもんだから、

本当、一分一秒どころかコンマ何秒を争ってたわけ。


ダッシュで駅の改札を抜けたところに、

電車が入るのが見えた――。



「…え、快速?!」


一体一日に何本走ってんだよ?

と、ちょっとしたクレームになりつつある、 この路線じゃ激レアの快速電車。




「あ、今日付いてる!」

つって、この気の緩みがそもそもの原因だった。


本当ね、事件やらハプニングやらは、

人が真剣に困ってる時ほど起こりがちなものでね、

駆け上がった最後の階段に足を取られて、

あたくし転びかけました。


でもね、ここで転んだら負け。

今までの全力疾走とか、昨日寝る前に遠足気分で準備した荷物とか、

その他諸々の努力がね、無駄になるっつーことでね、

サッカーやら何やらで鍛えた精神力っつーの?!


ごめん…本当はニワトリが逃げ回るような感じで、

不細工に手とか足とかバタバタさせただけなんだけど、

何とか電車のドア付近まで持ちこたえたわけ。









が、しかし。


終に力尽きてね、転びました。

転んだっつーかドア付近でね、頭だけ電車にインして、

四つん這いになりました。




お客さん、すげー見てる。子供とか興味津々っぽい。「イーイー」言ってる。

お母さん「見ちゃダメ」みたいにしてる。軽くへこんだ。



なのに、悲劇はまだ続いてね、

頭だけ車内に入ったよしたろ目掛けてドアが迫るわけ。








電車deギロチン。



もう、よしたろの頭の中にはね、

「車内騒然!男子学生、電車に引きずられ壮絶死」

みたいな新聞の見出しがよぎるわけ。

東スポ辺りは一面です。




本当ね、この飽食の時代に電車に首を切られて死ぬとかどうよ?!

という疑問は抱きつつも、観念しました。

よしたろは、電車に首を切られて死ぬのです。



さようなら、僕の愛する家族たち。









  (チャオズ)

 チャオズ


 「さようなら天さん…」






   (天津飯

 天津飯


 「チャオズーーっ!!」









…つって妄想してたら、取り敢えず、ドアは開きました。

電車から命からがら生還しました。


つか、そんなこんなで九死に一生を得たわけだけど、

出発前に一騒動起こした電車にね、たった一人で乗り込むには、

本当ただならぬ勇気が必要だったかんね。

どっちかっつーと、死にたかった。切腹。


でね、電車に乗ると、もうちょっとした芸能人状態っつーの?

周りの人がね、すげー注目してる。一挙手一投足を逃すまいとしてる。


目の前のおばさん達は、何かヒソヒソしてるし、

向こうの女子高生はメール打ってる。


もうね「絶対、俺だろ!」と。

その会話もメールも全部、話題の中心には俺がいるだろ!と。


本当、マイナス要素の芸能人気分を満喫してね、

顔から火が出るほど恥ずかしかったです。


でもね、この電車と来たら「快速」なわけ。


地元、久留米の快速なんて、

借金取りに追われてんじゃないかと思わせるほど抜群のスピードで、

駅なんかも、「お前ここ停まらなかったらどこで停まるんだよ?」つーぐらいにノンストップ。

本当すげー勢いで飛ばしてくれる。 忙しい現代人の心強い味方。


「急ぎの用事」と「恥ずかしさ」のあわせ技一本で、

一刻も早く電車を降りたいよしたろには、打ってつけの車両。viva 快速



…なのに、だ。

本当ね、「快速」っつーのが嘘のようにすげー遅い。経歴とか、多分詐称してる。

駅とかほとんど停まるし、ちっとも「快く」ない。快速なのに。


でもね、大好きなサッカーの為ならまぁいっか、つって。

少しの…いや、少しじゃねぇけど、恥ずかしさも我慢するか、つって、

少しだけポジティブになったところに、




(ピリリリーッ)


友達「あ、俺だけど…今日雨だから中止ね」


「・・・・(絶句)」


あたしは終点まで電車を降りませんでした。




(日記と言う名の独り言)

押してくれると更新率がグッと上がります→人気blogランキングへ FC2 Blog Ranking にほんブログ村





スポンサーサイト




テーマ:思ったことを書いただけ - ジャンル:お笑い



吹きましたw
なんだか漫画に出来そうですねw
【2008/01/29 14:38】 URL | ティアラ #GXI3NEIY[ 編集]
http://yasunoritomokosyuuzi.blog110.fc2.com/
ブログ始めました。もしよかったら見に来て下さい。広めてもらえると嬉しいです。
【2008/02/15 14:54】 URL | やす #-[ 編集]
僕は腕だけ車内に入れて電車をとめたんですが、アナウンスで怒られました。
顔から火が出ました。
今となってはいい思い出です。(3ヶ月前)
【2008/02/16 21:12】 URL | ㊨ #-[ 編集]
やっぱ、よしたろさん面白すぎですよw
これからもがんばってください☆彡
【2008/02/19 16:21】 URL | かんな #LkZag.iM[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2024 出会いと別れの絶望論, All rights reserved.