fc2ブログ
ADMIN TITLE LIST
「姉ちゃん、明日彼女の家に行くんだ…」

「あんた、パンツは新品穿いて行きな」ってアドバイス。

最近ようやく、そこは重要じゃないだろと気付いた、

よしたろ(25歳 今さら)です。



この前ね、6時のニュースでみたもんね。

男のおっさんが女の下着を付ける話。



えー!ってなるよね。ウソー!ってなっちゃうよね。

これ、マジだから。この目(裸眼0.02)で確認したから!

しかもね、そのおっさん一人や二人じゃないわけ。

何ならサークル作って、下着の品評会とか開いちゃってる勢い。

「あーっ田中さん、そのブラジャー素敵ですねー」

「そうですか?前田さんこそ花柄似合ってますよー」

とか、賞賛し合っちゃってる装(よそお)い。



あ、念のため言っとくとね、

ニューハーフとか新宿2丁目とか、そういう話じゃないよ?

普通に家庭を持ったおっさん達の話だからね。

何なら一流企業の管理職とかだからね。



もうね、『えー!』通り越して『え゛ー!』ですよ。

その驚き方たるや、クララが立ったときの比じゃないわけですよ。

もうね、何が貴方をそこまで駆り立てるのか!と。

守るべきものは胸ではなく家庭じゃないのか!と。

(あ、これ結構上手いコト言いました)



そう思った後に、よしたろは色々と考えてみました。

世の中の森羅万象っつーか、まぁ要は下着についてなんだけれども、

何故そんなことが平和な日本で起こりうるのかと。



まー、白熱した議論が繰り広げられましたよ。(脳内で)

やれ「小泉の次は安倍で決まりだ」とか、

やれ「年金改革はどうするのか」とか、

山積する社会的課題の討論が続く中、発せられた一言。



「男のブラジャーについてどうお考えですか…?」



もうね、よしたろと言う名の議会はパニックですよ。

郵政造反組どころの騒ぎじゃないですよ。



「き、き、君は何を言ってるんだね!(裏声)」

「これは大事なことなんです!!」

「何が大事なことだ!男がそんな事する訳ないじゃないか!」

「いえ、事実としてそういう趣味があるんです」

「馬鹿なっ!ブ、ブラジャーなんてものは本来女性のだね…」

「分かっています。しかし、そういう男もいるのです!」

「認めん!そんな証拠の無い話が信じられるものか!」

「証拠ならあります。ほら、ここにっ!」

「な、永田君っっ!?君はいつからそんな…」

「私だけじゃありません。他にも」

「議長、私もです」

「すみません、私もです」

「わ、私も…」

「実は、私も」

「私もです」



みたいな議論が繰り広げられてね、

どうやらあるらしいことが分かってきました。

下着の品評会。



でもね、そのお父さん方さー、

結構、窮屈だと思うんだよねー。(ブラだけに)

社会的地位を持ってる人とかは、

バレたら窓際族は必至だよ?



もうね、家に帰ってもおちおち休んでられないわけ。

取り敢えず、どこに保管しとくんだっつーの!

家族もね、おやじのタンスからブラが出てきたら、

そりゃあんた絶句ですよ。

娘もね「お父さんのブラと一緒に洗わないで!」とか、

さすがに言いづらいですよ。



だからね、何つーの…スリル?

ある意味それを楽しんでるのかと思ってました。



そしたらね、そのテレビ番組、

いつの間にかドキュメンタリーっぽくなってて、

主人公のおっさんがね、

あろうことかスタッフにこう切り出すわけ。


「息子にもこの姿を見てもらいたい」と。







…耳を疑いました。





何つーか取り敢えず、常識的な感覚で言うとね、

もうテレビとか出ちゃった時点で、オロオロしなきゃいけないわけ。

「あぁ、これで会社や家族にばれたらどうすれば…」とか思うのは、

もはやブラ付けた男たちの義務だと思うわけ。



納税の義務、勤労の義務、教育を受けさせる義務、

そしてブラを付けたら肩身狭く生きてく義務。

(以上、4大義務であります)



それなのにね、それを息子に見せたいだなんて、

もうどんだけアグレッシブなのかと。

日本のFW陣にもこれくらいのアグレッシブさが、

是非とも欲しいところなんだけれども、

取り敢えず、息子だけには見られたくないと思うのが、

親の務めでしょうがっ!



それでね、よしたろは息子の気持ちを考えてみたわけ。

親父のあらでもない姿を見せられた息子の気持ちを。

取り敢えずもうね、ぐうの音も出ませんでした。



だって想像してみてよ?自分の親父が女の下着付けてるとこ。

いやーもう、いろんな意味で気の毒。気の毒。



したらね、いよいよ対面の時が訪れたわけ。

父親が息子をどっかのホテルに呼び出したんだけど、

最初はね、「最近どうだ?」とか、父親っぽいトークをしてたわけ。

何つーの?タイミング計ってる感じ?

あいのり』で告白する前によくあるシーン。



でね、いよいよ本題を切り出すわけ。

「父さん、実はな…」

「ん、何?」

「お前に言っておきたいことがあるんだ」

「え、だから何なの??」

「うん実はな、父さん、下着を付けてるんだ」

「…別に普通じゃない?」

「いや、普通じゃないんだ」

「???」

「女物の下着なんだ…」

「えっ(汗)??!」

「驚いた?」

「え、そりゃ驚くよ…」

「どう思う??」

「どう思うって言われても…」

「正直な気持ちを聞かせてくれ」

「まぁ父さんの好きなようにすればいいと思うよ」

「そうか、ありがとう」



みたいな!もうね、在り得ない会話が展開されてるわけ。

でね、この会話も当然在り得ないんだけれども、

それ以上にどうかと思ったのが、番組の演出。

何つーか、この会話の途中からね、

ちょっとした音楽が流れてくるわけですよ。

ドキュメンタリーも佳境に差し掛かり、

いわば感動のシーンなわけですよ。



性癖を告白する父親とそれを受け入れる息子―――。

分かり合えた二人を祝福するかのような柔らかなメロディ。









…ちっとも泣けねぇ。

感動の要素一つもねぇ。




そしたら最後におやじがコメントが。


――息子さんに告白した感想は?

「いや、本当に胸がスッキリしました」なんつって、

ちょっとしたプレイの様相を呈して来たところに、



――下着は見せたんですか?

「えぇ。今日は晴れの舞台だったので、一番のお気に入りを」

とか言って、満面の笑みを浮かべている父親の脇で、

引きつり笑をしている息子を、僕は見逃しませんでした。


性癖感動ドキュメント→人気blogランキングへ




スポンサーサイト




テーマ:TV番組 - ジャンル:お笑い

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2023 出会いと別れの絶望論, All rights reserved.